iPhoneアプリが販売できない男のブログ

「iPhoneアプリが販売できるようになるまで…!」の経過を書き連ねるブログです
<< Apple IDの作成について | TOP | 【Setup Completeへの道001】 書類到着しました >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | pookmark
iPhoneアプリの販売国指定と税金のお話

毎日かあさんアニメ化おめでとうございます 

皆様、儲かっていますか?
私はまだです。¥0です。アプリ未アップロードだから…



※(1/22)以下、内容を一部修正しました

さて、最近2chの「iPhone Developer ProgramのPending Contract問題」スレにて、以下の話題がありました。


661 :名称未設定:2008/12/22(月) 02:57:27 ID:UltiQ0K60
100円アプリだとそこそこ上位でも月に50万円程度。
企業がやる場合、500円とかにしないと、ランキング上位に入っても赤字になる。
高額アプリを作る場合、それに見合う内容にすると開発費がかさむ。開発に3人月かけるとそれだけで300万円。

もう1つの方向性として、30分で作ったようなゴミを安価に売るってのがあるが、
企業イメージが落ちるから、会社じゃやれない。

全世界販売をする場合、国ごとに税金を払う必要がある(アップルが代行するのは一部の国のみ)、
経理や法務なんかの負担も大きい。翻訳も金がかかる。ここの負担はイニシャルだけだろうけど、結構なものになる。

安定した儲けを出せるのは個人か少人数の何でも屋だけだろうね。


662 :名称未設定:2008/12/22(月) 13:12:54 ID:74EqufUYi
国ごとに税金払う?
何言ってんだか。


663 :名称未設定:2008/12/22(月) 13:58:55 ID:S7/XBk4P0
ほら、>>662みたいに契約書もろくに読まないアホがわんさといる。
海外から脱税で訴えられたくないなら、最低限契約書ぐらいは読め、低脳。


664 :名称未設定:2008/12/22(月) 14:45:00 ID:SpOUQYyf0
面倒ならとりあえず日本とアメリカだけで販売して
日本で確定申告すれば良い、という解釈でOK?


665 :名称未設定:2008/12/22(月) 14:55:30 ID:S7/XBk4P0
>>664
売り上げのほとんどは日本とアメリカになるから、それでOK。
振り込みが国ごとにバラバラになるんで経理上の手間は増えるけど、
アップルが代行してくれるユーロ圏の国なんかも数が見込めるなら加えていいと思う。



ふむ…確かに契約書には、それらしきことが書いてありますね。しかし、販売をApple社に代行して
もらうのに税金関連が複雑ですと、アップル社・アプリ開発者のどちらにもメリットが無いように思えます。

ということで疑問を解決すべく、先日「iTunes Connect株式会社」と文通してみました。
送信時刻・・・02:48:28
返信時刻・・・03:02:17
稀に見る素晴らしいレスポンス速度!

そして返答は…

貴社がアプリ契約を結ばれたのは米国を拠点とするApple Inc.
で、日米間にはアプリケーション販売のコミッションについて源泉
徴収されないという規定がありますので、世界中のどの国でアプリ
が配信されても日本以外では課税されません。

ということでした。



つまりどの国に対して販売を行っても、新たな納税作業の心配は無いということですね。言語の心配はありますけれどもね…。

01:22 | - | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
スポンサーサイト
01:22 | - | - | - | pookmark
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--